So-net無料ブログ作成
検索選択

物質文明止観・・・・・

物や金が現在の人間の価値判断になってしまっている。確かに今の世の中ではある程度の金が必要であることは当然のことであるが、そのことが過ぎて我々は物や金の奴隷と成り果てている。
テレビを見てもグルメ旅行・豪華マンションなどを紹介するものばかりである。消費という欲望を煽る様なものばかりである。人々はそれに憧れて、それを手に入れる為、何も考えずに馬車馬のように人生を過ごしていく。これが当たり前、これこそ人生の目的であると考えている。
私も以前はあまり深く考えずにそのように過ごしてきた。しかしそのゲームに脱落して、その異常さに気がついた。今の世の中はどこかおかしい。異常だ。
いや、うすうす気付いていた。そのゲームの最中からもっと深く思索して心の安らぎを求める生き方をしなければならないことを。
そして、足ることを知らなければいつまでも人生は苦しみの連続であるということだ。
今の私は苦しみの最中にある。これは私の心のあり方が間違っています。という神からのメッセージだと思います。今までのような心のあり方であれば、そのまま地獄界に通じた思いのまま、この世を去ることになり大変な禍根を残すことになっていました。
この機会をチャンスと前向きに考えて、心の安らぎを得られるような環境を整備していかなくてはならないと思っています。反省のチャンスです。


人間は必ず死にます。いくら金や物や名誉を手に入れたとしても死にます。
死ぬときは一人です。孤独です。
死ぬのがイヤであり、恐怖であるのはこの世のありとあらゆるものに執着があるからです。未練があるからです。
家族であり、物であり、金に未練があるのです。
でも一番の未練は、正法に縁がありながら正法に背いた人生を送り、残りの人生の時間がなくなってから、それに気付くことです。





716Qg0DswKL__SL1500_kgy.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: