So-net無料ブログ作成

心の原点より・・・抜粋

私達は、空気を吸って生きているが、その酸素の量は21%である。それが10%に減ったり、

逆に50%に増えると生きていけない。

吸収された21%の酸素は、体内の諸器官をを通って体外に吐き出されるが、

その時、二酸化炭素に変わっている。

空気中に戻った二酸化炭素は、今度は植物が吸収する。

植物は、二酸化炭素を栄養源として、太陽の熱・光の合成によって

澱粉や蛋白質、脂肪、糖分をつくる。私達人間の、血や肉は、こうして植物から得られる。

肉体保存に必要なエネルギー源と言えよう。

人間と植物は空気を媒体として、このように相互依存の関係をつくっている。

空気については、人間と植物の間をいったりきたりすることによって空気の生命を保持している。

このことを循環(仏教では、輪廻転生)という。

宗教と科学の一致である・・・・・・




51GDQ5ytleL__SX297_BO1,204,203,200_.jpg



51QBA1tu+wL__SX302_BO1,204,203,200_.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0