So-net無料ブログ作成

歯の少なくなった私は・・・・

歯科医に部分入れ歯を勧められ昨年、仕方なく作った・・・ほとんど使用せず

もう、虫歯になる歯が少ないけど・・・・歯周病が頻繁に起こる・・・

これは、もう医者通いを中断して自分で歯間ブラシでマッサージ・・・・

すると、血膿が出て痛みが無くなることが多い・・・・・

まぁ、歯磨きを多めにして、歯間ブラシで対応している・・・・・うがいは、効果有るよ・・・

確かに、入れ歯をしないで、食事をすると、喉詰まりが時々起こるので注意している・・・・

まぁ、治療費が高いので・・・・・



無題vgrtttttttttttttttd.png
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鶴の恩返し・・・・そうゆう気分かね師匠は・・・・


藤井六段、初の公式戦師弟対決制す!千日手指し直し局で杉本七段に“恩返し”


3/8(木) 18:21配信

スポニチアネックス

第68期王将戦の1次予選2回戦、杉本昌隆七段(手前左)と藤井聡太六段(右)の対局には多くの報道陣が駆けつけた


 中学生棋士の藤井聡太六段(15)が8日、大阪市内の関西将棋会館で指された第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の1次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)と公式戦初の師弟対決に臨み、111手で勝利を収めた。

 午前10時に杉本の先手で始まった対局は、昼食休憩をはさんだ午後1時18分、59手目で千日手に。30分の休憩を挟み、1時48分から先手後手を入れ換えての指し直しとなった。

 指し直し局では、四間飛車に構えた杉本に対し、居飛車の藤井は王を穴熊に囲う。杉本の端攻めをかわした藤井は、相手の攻め駒を巧に封じながらカウンターで徐々にリードを広げ、反撃を狙う杉本を封じ込めた。

 一昨年のデビュー戦から公式戦29連勝の新記録を樹立した藤井は、今年も1月途中から連勝街道を快走中。2月の順位戦では、最終戦を待たずにC級1組の昇級を決めて五段に昇段。一般棋戦の朝日杯オープン戦では佐藤天彦名人(30)、羽生善治竜王(47)らを次々に破り、15歳6カの史上最年少で棋戦初優勝。約半月で六段に昇段した。さらにこの日の勝利で、公式戦の連勝を14に伸ばした。

 藤井は小学1年時に東海研修会で杉本と出会い、小学4年の奨励会入会時に弟子入りした。14歳2カ月の史上最年少でのプロ入りまで導いてくれた師匠に、鮮やかな「恩返し」を果たした。



bf9b77f7d0d12e2e203f95dd3e5d2e07.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プロ野球オープン戦も始まって・・・・・

DAZN/ダゾーンに入会した・・・・・

明日から、阪神戦です・・・

廻りはみんな阪神ファン・・・・・
私だけ、中日を応援します・・・・

今年は、松坂観ないとねぇ・・・・・

決済が、デビットカードでも可能という事が分かったから・・・・

税抜き1750円です・・・リーズナブル価格ですね・・・




51hq2D3znyL.khgyu.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

覚悟の一年になりそう・・・・頑張って・・・


「最後の一年になりそう」=イチローのマリナーズ復帰―米紙


3/8(木) 15:31配信

時事通信



 【ピオリア(米アリゾナ州)時事】米大リーグ、マリナーズにイチロー外野手が復帰したことについて、米各メディアは7日大きく伝えた。USAトゥデー紙(電子版)は「(大リーグデビューした)2001年の再現のように受け入れられた」とした上で、「今季が彼の最後のシーズンになりそうだ」と指摘した。

 一方で、少なくとも50歳まで現役を続けたいと強調したイチローの言葉を紹介し、「今回の復帰で証明されたように、どんなことも不可能ではない」と記事は締めくくられた。

 「イチローの復帰はケン・グリフィー・ジュニアのケースに似ている」としたのは地元紙タコマ・トリビューン(電子版)。マリナーズでデビューから11年間プレーした後に移籍し、10年後に復帰した殿堂入り名選手を引き合いに出した。同氏は現役最後の2年はイチローとともにプレーし、復帰2年目の10年6月に引退した。

 大リーグ公式サイトは、イチローが記者会見で大谷との対戦について、「できれば僕も投手で対戦したい」と話したことを大きく取り上げた。 

------------------------------------------------------------
大谷との新旧交代の1年ですね・・・・沢山対戦観たかったけど・・



20151001_ichiro.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スギ花粉の飛散時期らしいけど・・・・・・

昨年くらいから、何故か、どうもない・・・・・・

もう、長い付き合いで、毎年苦しんでいたのだけど・・・・・

免疫が出来たのか・・・・・苦しくない・・・・

廻りの人は、結構沢山いるから、飛散していることは間違いない・・・・

このまま、ヒノキ花粉の飛散する5月上旬まで何ともなければ、幸せ・・・





2MEg_X-W_400x400.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮危機は、良かったかも・・・・

憲法9条改定反対だけれど・・・・・・

実際に、自衛する軍隊は必要だと思っている・・・・

この度の北朝鮮の危機に対して、日本はかなり多くの戦費を使い軍拡することが出来た・・・・

何も危機がなければ、こんなに軍拡する事・・・・世界の眼が赦さなかったと思うのだ・・・

特に東南アジアや中国は、日本の軍拡にうるさい・・・・

現実は、自衛用としての、戦闘機などの購入が出来て、尚且つ、アメリカに喜ばれている・・・・

自国を護る為の必要戦力だと考えると問題無いんじゃないだろうか・・・




w700c-ez_4b974687200458fc2d64e186ec2a0966fda9b1924da9ba52.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イチローは、裁量労働制でもやれるという自信があったんだね・・・・

イチローが訴えていた苦悩と44歳でもやれるという自信


3/8(木) 14:00配信

デイリースポーツ


マリナーズのディポトGM(左)からユニホームを手渡されたイチロー


 米大リーグ・マーリンズからFAになっていたイチロー外野手(44)が7日(日本時間8日)、古巣マリナーズの入団会見を行った。

【写真】イチロー、最低年俸じゃなかった 6年ぶり古巣復帰は出来高込みで2億円

 「とてもハッピーです」。メジャー18年目のシーズンを迎えられる喜びを、イチローはかみしめるように表現した。かつて経験したことのない長い期間を要しての移籍先決定。古巣への復帰が決まるまでの間には、苦悩を吐露したこともあった。

 昨年12月23日。イチローの姿は、故郷の愛知県豊山町にあった。毎年この時期に開催される、自身の名前を冠した野球大会閉会式への出席は、オフの恒例行事。しかし、ヤンキースからFAになった2014以来、3年ぶりに所属先が決まってない立場での出席となっていた。

 閉会式でのやり取りは、その日のうちに大きく取り上げられ、話題になった。

 野球少年との質疑応答で、日本球界復帰の可能性を問われたイチローは言葉に詰まりながらも「ゼロじゃない限り可能性がある」と発言。古巣のオリックス復帰やラブコールを送ってきた中日の存在などがクローズアップされた。

 ただ、「可能性がある」という発言以上に印象深かったのは、イチローのその先の話だった。

 「これは質問とは違うことなんだけど」と子どもたちに前置きしながらイチローは続けた。

 「もちろん、来年も野球選手でいたい。ただねえ、アメリカって、なんか44歳っていうのが引っかかるらしいのね」

 「アメリカって仕事の面接とかで年齢を聞いちゃダメなの。だけど、何となく年齢をいうと、44歳のおじさんはどうなの?っていう感じになって…」

 メジャーへのこだわりがあるからこそ、あふれ出てきた言葉だった。

 小学生にも理解できるようにと意識したのか、平易な表現を使いながらも、イチローは自分が置かれている世界の不条理、苦悩を率直に明かしたのだ。

 日本では求人募集に年齢制限があること自体珍しくない。だが、自由の国アメリカは年齢不問、実力主義ではないのか-。イチローの怒りにも似た強い思いが伝わってきた気がした。自分はやれるという自信と誇りが垣間見えた。

 実力が同じなら若い方を使う、という考え方は、現場における、いわばセオリーであり、長期的なビジョンでのチーム編成を考えれば合理的で理にかなったものだろう。日本でもメジャーでも年齢という壁は、やはり存在するのだ。

 そんな現実に直面したイチローが訴えていたのは、過去の実績や年齢とは関係なしに、現状の自分の実力を正当に評価してほしい、そのチャンスを与えてほしいという切なる願いではなかったか。

 所属先が決まらない自分を「ペットショップで売れ残った大きな犬」とも表現したイチローは、かつての所属球団マリナーズとの契約にこぎつけた。

 例年以上に長い期間を日本で過ごしてトレーニングに励み、出陣前のルーティンを済ませて勝負の地へ向かったイチロー。年齢の壁を乗り越え、「野球選手でいたい」という願望のスタート地点についた球界のレジェンドが、その先に見せる姿に期待したい。(デイリースポーツ・若林みどり)



BBJZML8.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリナーズは、誠意を見せてくれた・・・


イチロー、最低年俸じゃなかった 6年ぶり古巣復帰は出来高込みで2億円


3/8(木) 9:42配信

デイリースポーツ


 大リーグ、マリナーズは7日(日本時間8日)、マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)と1年契約で合意したと発表した。同外野手にとってはメジャー1年目の01年から12年途中まで所属した古巣への6年ぶりの復帰。年俸は公表されなかったが、関係者によると、年俸は75万ドル(約8千万円)で打席数などに応じた出来高は125万ドル(約1億3千万円)になるという。


 一部のメディアは今季のイチローの年俸がメジャー最低保障の54万5000ドル(約5800万円)になると伝えていたが、実際には年俸と出来高を合わせると昨季年俸と同じ200万ドル(約2億1千万円)になる。代理人の粘りと球団側の誠意が見えた契約内容。USAトゥデー紙やESPNの記者もツイッターで同じ条件内容を伝えた。



8c13aa7b3449924619070e12940d364c.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女優に転身してたなんて・・・・知らなかった・・・


真野恵里菜、“アイドル女優”と呼ばれた5年の苦悩「アイドルとして残せなかったからこそ、後輩の道標に」


3/8(木) 8:40配信

オリコン



野島伸司脚本ドラマにて”企業の美人受付嬢”役で主演する真野恵里菜


 近年、話題作への出演が相次ぐ女優・真野恵里菜。アイドル卒業後、『みんな!エスパ―だよ!』(テレビ東京系)で腹黒い学園のマドンナを好演し大いにファンを裏切ってくれてから早5年。『とと姉ちゃん』(NHK総合)ではヒロインをいびる怖い先輩役、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)ではヤンママといった、かつてアイドルだったとは思えない振り切った芝居で女優としての評価を獲得してきた。園子温監督作品をはじめ『不能犯』『坂道のアポロン』など話題作の出演が続き、この春はdTVの野島伸司脚本ドラマ『彼氏をローンで買いました』で主演を務める真野へ、アイドルを卒業5年目の記念日にインタビューを実施。最新主演ドラマへの思いやアイドル女優として見られた苦悩など、デビューから現在に至るまでの女優活動について振り返ってもらった。



■野島伸司さんから「役を託された」と信じて試行錯誤しています

――数々の名作を残してきた野島伸司氏脚本ドラマで主演されます。野島作品のイメージは?
【真野恵里菜】 人間の“愛”について語っているイメージですね。6年前に『ウサニ』という舞台で野島さんとご一緒させていただきました。男はなぜ浮気をするのかっていうテーマで…舞台なので毎日演じる中で「男の人って…」って悲しい気持ちになったことがありましたね(笑)

――今回のご自身の抜てきについて監督や野島さんから何か聞かされていますか?
【真野恵里菜】 実は…野島さんとは昨年の夏に何年か振りに「お元気ですか?」って連絡が来て私からも「元気ですよ」と返事をして以来、連絡を取れていないんです。この役を演じる上で注意すべき点や心掛ける点について野島さんに聞きたいなと思っていたんですけれど…。何も言葉がないということは、「真野、ちょっとやってみろよ」と野島さんから託されているのかなと勝手に解釈しました。今は自分なりに試行錯誤しながら撮影に臨んでいる真っ最中ですね。

――今作で演じる浮島多恵は真野さんと年齢も近く、美人受付嬢という設定もハマり役だなという印象を受けました
【真野恵里菜】 今まではエキセントリックな役が多かったので、現代の社会人役をちゃんと演じるのは今回がほぼ初めてかもしれませんね。非現実的な役のほうが想像力を膨らませられるし、濃いキャラの場合であれば役を大きく作れるんですけど、今回はOLの役です。私は芸能のお仕事を16歳の頃からしていてバイトも会社勤めも経験したことがありませんでしたので、難しい役だと思いました。

――ある意味、久しぶり(?)に“まとも”な人の役でしたね
【真野恵里菜】 そうですね。元ヤン母ちゃんだったり、超能力があったり(笑)。そういうエキセントリックな役のほうがやりやすいんですよね。でも視聴者の方でも実際にOLの方もいらっしゃると思いますし、そういう現実を知っている方を納得させないといけないのはプレッシャーでした。悩んでいた時にスタッフさんから「テレビ局の受付の子たちも人がいる時はピシっとしているけれど、人がいない時はお菓子をちょこちょこつまんだり、話したりしているんだよ」ってお聞きして、「あ、それなら私たちと同じだ!」って(笑)。

■アイドル時代、「役者をやりたいです!」と大きい声では言えなかった

――本日(取材は2月23日)は真野さんにとって女優デビュー5周年というメモリアルな日です。改めて女優活動を振り返ってみて、どんな5年間でしたか?
【真野恵里菜】 実はアイドル時代、お芝居とハロプロ活動の同時進行は厳しいなという場面に何度も直面しました。それによって時に大切なものを諦めなきゃいけないこともありました。舞台の『ウサニ』とライブが重なって、いろいろな方に迷惑をかけてしまって。どちらも大切だからこそ、どちらにも迷惑はかけられない。だからちゃんと自分の中で区切りをつけたいなと思い、お芝居の道を進む決心をしたんです。

 でも自分から「演技の道に進みたいです!」と大きい声では言えませんでしたね。どうしたら役者になれるのか分からない。私と同世代で、以前舞台で共演した高畑充希ちゃんみたいな本物の役者さんの演技をすぐ横で見ていたからこそ余計に焦りのようなものを感じていました。だからアイドル卒業の際は「歌とか演技の表現の幅を広げられるようにここを旅立ちます」と本当にふわっとしたコメントしかできなかったんです。ファンの皆さんは「卒業後何するの!?」って不安になったと思います。

――で、卒業後初の作品が園子温監督の『みんな!エスパーだよ!』。腹黒い女子高生で、パンチラシーンもあって衝撃でした!
【真野恵里菜】 皆さんを驚かせてしまいました(笑)。もしかしたらファンの方を傷つけてしまったかもしれないけど、『みんな!エスパーだよ!』みたいな作品ってアイドルを卒業したからこそできたと思うんです。

――卒業後は順調に経験を積んでいますね。特に最近は話題作へも続々出演、勢いがすごいです
【真野恵里菜】 そう言っていただけることが増えたんですが、自分では全然分からないです。朝ドラの時も何度も何度もオーディションを受けてやっと『とと姉ちゃん』(NHK総合)で役を頂けてすごく嬉しかったのを覚えています。でもちょうどその頃初めてのミュージカルも決まって両方の撮影時期と稽古が被ってしまったんです。それこそ、アイドル時代の『ウサニ』の時と同じ状況になってしまったのですが、周囲の方の協力をいただきながら「あの頃の自分とは違う。今の私ならきっとできる!」って自分に言い聞かせて乗り切りました。そこからは『逃げ恥』や鈴木おさむさんの舞台にも出させて頂けるようになり、現在に至ります。アイドル時代の経験も含めて、今まで歩んで集めてきたピース(仕事)は全部色も形も違うけど、この5年間を振り返ると、最近やっとそのピースがハマってきているのかなって思いますね。

■役者、アイドル、グラビア…私の職業は見てくれている方が決めることだと思っています

――真剣に女優として向き合う中で「元アイドル」という経歴がいいこともあれば、それにより”アイドル女優”と言われたり不本意な思いをされた経験もあったのではないですか?
【真野恵里菜】 それは今でもありますね。この仕事をしている以上、さまざまなご意見をいただきますし、中には辛辣なことを言われることもあるんですが、私自身は何と言われても目の前のお仕事に真摯に向き合っていくことが大事だと思っています。今となってはアイドル時代があったから今があると胸を張って言えるようになりました。

――そんなつらい時、背中を押してくれたのは何でしたか? どう乗り越えてきたのでしょうか。
【真野恵里菜】 過去に女優として関わってきた作品が背中を押してくれました。つらいときは、出演作を見直すんです。当時はがむしゃらだったから気づかなかった、色々な発見があります。「こんなに台詞が多かったのをよくやれたな」「これだけやれたから次もきっとできる!」って自分を励ましてきました。

――真面目!
【真野恵里菜】 よく言われます(笑)。でも、今でも自分から「私は役者です」とは言いたくないんです。グラビアやモデル活動など、いろいろやらせてもらっていますが、まだ私をアイドルだと思ってくれている方もいれば、逆にアイドル時代を全く知らないで女優だと思ってくれている方も、写真集を見たらグラビアの子だと思う方もいるかもしれない。誰かに認めてもらうことで初めて自分の職業が成立すると思っています。だからまだ自信を持って「私は役者です」とは言えないですね。皆さんにそう思ってもらえる日がくるようにもっと頑張ろうって思います。

――近年、女優に転身するアイドルからが増えていますが、真野さんはその先駆者だったのかなと思うのですが…?
【真野恵里菜】 いやいやいやいや~! 全然そんなことないです。でも、卒業してからずっと思っていることは、ハロプロ時代に(アイドル時代に)自分が残せるものがなかったからこそ、卒業してからは少しでも女優をやりたいっていう後輩のために“道”を耕せていたらいいなと。

 私がデビューした時にはハロプロも既に長い歴史がありましたし、17歳の女の子がデビューしてすぐ2000人規模のライブができるなんてやっぱりあり得ない話だと思います。ハロプロ時代は先輩達が築いてくれた道を歩かせて頂いていました。ですので、私も後輩達の道標になれたらいいなと思っています。

(文/kanako kondo)




CORU5rBUsAEHopX.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひろしと呼べば、鈴木と言われる様になれ・・・・

中日1位鈴木博志4戦連続0封、悪天候も151キロ


3/8(木) 7:44配信

日刊スポーツ


中日5番手で登板し、1回を無失点に抑えた鈴木博(撮影・足立雅史)


<オープン戦:ヤクルト8-3中日>◇7日◇宮崎アイビー

 中日のドラフト1位右腕が、開幕1軍に大きく前進した。鈴木博志投手(20=ヤマハ)がヤクルト戦の8回に登板。先頭の大松を遊ゴロに打ち取ると、続く奥村はカットボールで空振り三振を奪った。同一リーグの対戦は、プロ入り初めてだったが、得点は許さず。これで実戦4試合連続で無失点を記録した。「この天候で準備できたのはよかった。(セ相手で)試合に近い感じで投げられている」。この日の宮崎は曇天で風は強く、気温も低かった。最速は151キロを計測。悪天候に左右されなかった。


 キャンプから順調そのもの。森監督はセットアッパーとして期待しており、「実戦でドンドン投げさせる。1イニングを後ろでやりたいという投手はあまりいないから」と話す。又吉が先発調整中で、リリーフは田島や谷元、祖父江、岩瀬ら経験豊富な選手がいる。ここに若い力が加われば、ブルペンも活性化される。

 周囲の高評価にも、鈴木博は慎重だった。この日も含め、4戦すべてで安打を浴びた。「2アウトを取ったら、ホッとしている自分がいる。そう思ってはいけない」。打者3人でピシャリ封じることを理想に描いた。【田口真一郎】




06575123afb6e6359e56cd93195604b7546dbb8e6ad042951d3ae465bb8f5d37b581938ef7fa61d8d7dc098dd62090f919fb52a7ecee9b48725103eeca903fa4.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

残り物には福がある・・・・・結果残して・・・・

ディポトGM、サービス監督と一緒に会見に臨んだイチローは、古巣へ復帰する感慨を語った。

 「2012年7月にシアトルにサヨナラを告げて、その後、5年半が過ぎましたけど、その間も僕の家はシアトルにあった。いずれまたこのユニホームを着てプレーをしたいという気持ちが、心のどころか常にあったんですけど、自分から表現することはできませんでした。こういう形でシアトルのユニホームでプレーする機会をいただいたことは、2001年にメジャーリーグでプレーすることが決まった時の喜びとはまったく違う感情が生まれました。とてもハッピーです」。

 さらに、移籍先が決まらなかったオフ期間の心境を「泰然とした状態」と振り返り、今季への思いについて「僕が今まで培ってきたすべてをささげたい」と語った。

  イチローは明日8日(同9日)からチームの全体練習に合流。3日間ほど調整し、その後、オープン戦に出場する見込みだ。



BBJZML8.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若手伸び盛りに開幕ゆずれん・・・だろ・・・


大野雄「やりたいことができず」大炎上6失点 先発枠入りに暗雲


3/8(木) 9:10配信

スポニチアネックス



 ◇オープン戦 中日3―8ヤクルト(2018年3月7日 宮崎アイビー)

 オープン戦初登板の中日・大野雄は3回5安打6失点の大炎上だった。初回先頭打者の青木に四球を与えるなど立ち上がりから制球が定まらず暴投2つに味方失策も絡んで無安打で2点を失うと、新人の塩見にはフォークが浮いて左中間ソロを被弾。「早めに追い込んで打ち取っていくというテーマだったが、ボールが先行し、やりたいことができなかった」とうなだれた。

 2回も先頭の中村を歩かせた後、続く広岡にバックスクリーンへ2ランを浴びるなど毎回失点。予定していた5回を投げきれず、「準備不足。試合勘というか、そういうところでソワソワしていた」と反省した。

 3回3失点だった前回2月27日のDeNAとの練習試合に続く乱調に朝倉投手コーチは「結果の世界。結果を残さないとダメ」と厳しい表情。小笠原や柳、鈴木翔といった若手先発陣が結果を残しているだけに昨季まで2年連続開幕投手を務めた左腕の先発枠入りに暗雲が垂れこめた。(徳原 麗奈)




img_2_muhbg67.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とっても、熟睡した・・・・

夢で、うなされる事無く、とっても熟睡した・・・・・・

とっても気分が良い・・・・・・

もう、気温も安定してきたが・・・その影響もあるだろう・・・・

目覚ましで起きるということが、こんなに素敵に思えたのは
今まで、早朝覚醒ばかりだったからだろう・・・・・

今日は、雨予報なので、一日部屋に篭るつもりです・・・・





de71a90b.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イチローが喜んでいるなら、祝福しよう・・・・・・・


44歳イチローがマリナーズ復帰、「連れ戻せてうれしい」とGM


AFPBB News


2018/03/08 09:19



【AFP=時事】米大リーグ(MLB)、マイアミ・マーリンズ(Miami Marlins)からフリーエージェント(FA)になっていたイチロー(Ichiro Suzuki)外野手が7日、自身がMLBでのキャリアを開始した古巣シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)に復帰した。

 米国出身以外の選手としてMLB史上最多の安打数を誇る44歳の契約期間は1年で、年棒は75万ドル(約8000万円)。その額は、出来高で最大200万ドル(約2億1000万円)まで達するという。

 マリナーズのジェリー・ディポト(Jerry Dipoto)ゼネラルマネジャー(GM)は「イチローの加入により、多彩で運動能力の高い外野手が新たに増えることになる」「彼の仕事に対する素晴らしい考え方や準備の仕方、そして集中力は、多くの形でチームの環境を向上させてくれるだろう」と声明で語った。

「彼は間違いなく史上最高の選手の一人。そして、彼の疑いの余地のない存在感は、フィールドだけでなく、クラブハウスでも貴重な補強になる。彼を連れ戻せて本当にうれしい」

 イチローは2001年から2012年までマリナーズに在籍した後、ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)へ移籍。その後はマイアミへ戦いの場を移したが、昨年11月にマーリンズが200万ドル(約2億2800万円)の契約オプションを破棄していた。

 昨年7月にロッド・カルー(Rod Carew)氏を抜き、米国外出身選手の歴代安打数でトップに立ったイチローは、これまでMLB通算3080安打を積み重ねてきたが、昨シーズンは先発22試合にとどまり、打率.255、3本塁打、20打点の成績に終わっていた。


米大リーグ(MLB)、シアトル・マリナーズ時代のイチロー(2012年4月12日撮影、資料写真)。(c)Rick Yeatts/Getty Images/AFP[コピーライト] AFPBB News 提供 米大リーグ(MLB)、シアトル・マリナーズ時代のイチロー(2012年4月12日撮影…
 また、MLB歴代の安打数ランキングで22位に座るイチローは、全盛期の約11シーズンを過ごしたマリナーズで10度の打率3割超えを記録し、2004年にはシーズン最多記録となる262安打を放った。

【翻訳編集】AFPBB News





sn2018030610_60.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感