So-net無料ブログ作成

キョンキョン可哀そうだよ・・・・・・・


小泉今日子がポロリ「けじめをつけていないよね」不倫宣言は豊原妻への対策?




 女優に歌手に、常に第一線で活躍する小泉今日子(51)が、36年間所属した大手芸能事務所バーニングプロダクションから独立し、同時に俳優の豊原功補(52)との「不倫」も公表した。この“宣言”にどんな意図が隠されているのか。取材を進めると、キョンキョンの意外な顔が見えてきた。

*  *  *

「けじめをつけない大人が多すぎるよね。まあ、私もなんだけどね……」

 知人女性は、今回の小泉の発表を受けて、小泉がふと漏らした言葉を思い出した。聞いたのは、おととしのこと。この頃、すでに小泉と豊原と深い関係にあったと思われる。

「小泉さんは、夜遊びもせずに自炊派。地に足の着いた大人の女性ですが、『私、青春の甘酸っぱさとか置き去りにしてきちゃっているからさ』とよく口にしてた。どこか青春を取り戻したい気持ちがあったのかもしれません」(知人女性)

 2月1日、小泉が代表取締役を務める会社「明後日」の公式サイトで「小泉今日子からのご報告」と題したメッセージが発表された。1月31日でバーニングから独立したことを報告し、「50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのか」と独立に至った心境を明かしている。

 さらに驚きだったのは、既婚者である豊原との関係を公表したことだ。豊原について「同じ夢を追う同士」としながらも「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と堂々と明かした。

 これに呼応するように、豊原も公式コメントをすぐに発表。小泉との関係を「志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております」と告白し、さらに「家族とは3年近く以前より住まいを別にしている」と明かした。3日には会見を開き、豊原は同様の内容を口にした。

 芸能界にとって、タレントの独立ほどセンシティブな問題はない。アイドル評論家の中森明夫さんは、小泉の場合は、「円満退社」だとみる。

「小泉さんが50歳になった2年前、雑誌『MEKURU』にバーニングの社長の周防郁雄さんのインタビューが載っていた。周防さんは『こんな子(小泉)にはもう二度と出会えない』と語っています」(中森さん)

 そのMEKURUの中で周防氏は「前から、いろんな分野でプロデュースをしてみたいっていっているから、そっちの方向に進むのかもしれないけど……すべてのことに頑張ってほしいと思う」と小泉にエールを送っている。この発言からは、独立はバーニングと丁寧な調整を重ねた末、今回の公表に至ったと推測できる。

「バーニングに迷惑をかけないように、独立してから豊原さんとの関係も公表したのでは。僕の印象では小泉さんはうそをつくのが嫌な人。事務所に所属してれば、自分の言葉で話したくても周りに迷惑がかかる可能性がある。そのために独立したのではないか」(同)


事務所からの独立と不倫を同時に公表した小泉今日子の意図はどこに……? (c)朝日新聞社[コピーライト] dot. 事務所からの独立と不倫を同時に公表した小泉今日子の意図はどこに……? (c)朝日新聞社
 不倫を自ら公表した点にも注目だ。本誌で「てれてれテレビ」を連載中のカトリーヌあやこさんは「その潔さに、小泉さんらしいなと感じました」と言う。

「相手は離婚をしていなくて不倫です。こんなことを自ら発表すること自体珍しいですよね。かつて、小泉さんにHIV感染のうわさが流れたときに、自分で検査を受けて、陰性である証明書をプリントしたTシャツを着て登場したことがありました。今回の思わぬ形での発表に、そのことを思い出しました」

 上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)も、“らしさ”を感じた一人だ。「80年代から、アイドルとしてのルール、不文律のようなものを、自然体で壊し、はみ出ることをしてきた人。他の女優やタレントだったら相当なバッシングになるような事態なのに、また違った形で注目されるのが、キョンキョンだな、と感じますね」

 この、コイズミ流ともいえるやり方に対し、世間の受け止めはさまざま。ネット上には「人間だからいろいろある」と一定の理解を示す声もあるものの、「キョンキョン見損なった」という声が大きい。

 小泉は、ホームページ上で「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」とつづり、2日には報道陣に対し、「自分の罪は、自分で背負って生きていきたい」と話し、頭を下げた。

 碓井教授が今回のコメント文から受けた印象は、

「『不倫宣言』でなく、『生き方宣言』のように見えます。不倫肯定でもなく、自己弁護でもない。肩に力が入らず、それでいて芯は強い。バッシングが来るのは分かっているけれど、私はそれも引き受けますよ、大人だからと。自分の人生には、自分で決着つけていきますという宣言だと感じました」

 コラムニストの吉田潮さんは言う。

「慰謝料を払うという覚悟があると示した。不倫した女性が、自らの後始末までを示唆するという点では、新しさを感じます」

 一方で、今回の発表は、みる人が見れば、自然体という小泉の評判とはちょっと違う人物像が浮かび上がるようなのだ。

「小泉と豊原の公表文は体裁も書き方も似ている。この伝え方なら大丈夫という線を、二人で相当練ったのでしょう」(吉田さん)

 夫婦問題研究家の岡野あつこさんも同様の意見だ。専門家として、不倫公表についてこう分析する。

「もはや、小泉さんにはカミングアウト以外の方法がなかったのだと思います。ただこのやり方は、ウルトラCの荒業です」

 相手の豊原は現在、離婚成立前の別居期間中。岡野さんは、一般的に妻側がどんな行動に出てもおかしくない、“もっとも恐ろしい期間”だと強調する。

「夫に他の女性がいる場合、“相手の女性を困らせたい”という欲求に駆られる妻は少なくない。実際に、妻が相手の女性の職場や家族、友人らに誹謗中傷を流布して回るという話も多い。小泉さんも、自ら公表しない限り、妻にいつバラされるか分からないという相当な恐怖がついて回っていたでしょう」(岡野さん) 

 もし先に、妻が二人の不倫関係を暴露していれば、小泉にとっては取り返しのつかないイメージダウンになるところだった。バーニングという後ろ盾を失った今、自分の身は自分で守るしかない。

「先手必勝で公表に踏み切るしかなかったのでしょう。それも二人そろっての公表は、揺るぎない愛情がないと成り立たない。つまりこの公表は、豊原夫妻の“破たん宣言”にもなります。妻もさすがに、諦めるしかないという判断に追い込まれるのでは」(同)

 折しも、同情論がわき起こった小室哲哉の不倫疑惑報道の直後。前出の碓井教授はその点にも注目する。

「小室哲哉さんの一件で、不倫スキャンダルを取り巻く状況が変わってきた。そんなタイミングでの発表は、ドンピシャだったといえます」

 2月4日に52歳の誕生日を迎えたばかりの小泉。岡野さんは、「50代は、女としても、仕事でも、もう一花咲かせたいという年代」とも分析する。

「再出発したいという欲求が高まるからこそ、隠れた付き合いはしたくないという思いが勝ったのかもしれません」(岡野さん)

 確かに、小泉は、48歳だった2014年4月に雑誌『AERA』のインタビューで次のように語っていた。

「50代になったら、やりたいことがいろいろあります。(中略)人生でもうひとイベント、欲しいなと思っているんです」

 なんてったってキョンキョン。浮き沈みの激しい芸能界で、ドンの寵愛を受けていただけで生き残れたとは思えない。自然体に隠されたすご腕ぶりで、今回の騒ぎをどう鎮めるか。独立後も目が離せない。(本誌・太田サトル、松岡かすみ、秦正理)

※週刊朝日  2018年2月16日号




01-1.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福田・・・・期待してるよ・・・・・・

中日遅咲きの和製大砲に覚醒の予感 場外弾含む柵越え14発、3被弾の小笠原も脱帽


2/4(日) 16:46配信

Full-Count


今春のキャンプでアーチを量産している中日・福田永将【写真:荒川祐史】


昨季は95試合の出場で自己最多18本塁打

 中日の福田永将内野手が、圧巻のアーチショーを演じた。沖縄キャンプ4日目の4日。このキャンプで1番の冷え込みとなった沖縄の寒空に、次々と打球が弧を描いた。

【一覧】セ・リーグ移籍で「打者・松坂」にも注目 NPB、MLBでの松坂大輔の打撃成績

 この日のフリー打撃。まず打撃投手を相手に、22スイングで11本の柵越え。最後は4連発と、そのパンチ力を存分に発揮。この後は打撃投手を務めた小笠原慎之介投手との対戦に。23球で18スイングし、3本の柵越え。15スイング目には北谷公園野球場の場外まで飛んでいく超特大弾だった。計40スイングで14発の柵越えを放ち、スタンドのファンからは感嘆の声が漏れた。

 昨季、1軍でのプレーは4月下旬からで95試合の出場。規定打席に届かない326打席に終わったが、自身最多となる18本塁打を放った。来季が12年目となる遅咲きの和製大砲だが、打線の核として期待がかかる選手だ。3発を打たれた小笠原は「去年、途中からで18本打っていて、やっぱり凄いなと思いました」と脱帽。2日には吉見一起からも10本の柵越えを放っていた福田に、本格化の予感が漂っている。
.
福谷佑介 / Yusuke Fukutani




52ae7244c2998497b4b693d2468ebf5019b90b059d408d6027be2b04afa6071b.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日も、体調悪いです・・・

夜、眠れませんでした・・・・・・・

朝の3:00に朝食を食べて、また寝ましたけど・・・・・

朝、9:00に起きたときは、気分悪かったです・・・・・

週1の王将ランチも、気分晴れなかったです・・・・

夕方少し昼寝して、ようやく落ち着いてきました・・・・・

睡眠は大事ですね・・・・・





2059227_201509280006233001443398490c.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感