So-net無料ブログ作成

2月は楽しみだな・・・・・一番、プロ野球が期待で盛り上がる

中日森繁和監督(63)が2日、もう1つの松坂効果に言及した。

 新加入の前ソフトバンク松坂大輔投手(37)が沖縄・北谷キャンプで自主的に打撃練習を行ったことに触れて「バットを持って、自分で室内に行く。それをほかの投手がどう思うか。この時期は普通、詰まるから(打ちたくない)と思う投手が多いが、あいつにそんな考えはない」と打撃に対する意識の高さに目を細めた。

 監督に就任した昨年から投手の打撃の重要性を説き、キャンプやシーズン中の練習でも投手に打撃練習を課してきた。指揮官の頭には典型的な“サンプル”がある。昨年、主戦格の大野雄が40打数ノーヒット。犠打は8つと貢献したが「1安打も打てず7勝に終わった投手もいる。2本、3本打っていれば1勝できたかもしれない」と実名は伏せながらも指摘した。「投手はそのうち、メインの球場で打たせようと思っている。大野と松坂を並べてな。それで大野がどう思ってくれるか」とプランを明かした。

 松坂は横浜高で絶対的エースを担ったのはもちろん、並みいる強打者ぞろいの打線で4番に座り、バットでも春夏甲子園連覇に貢献した。西武時代はパ・リーグがDH制のため打力を披露する場面が限られたが、初のセ・リーグで打撃の準備に余念がない。DeNAが8番に投手を入れる打順を取り入れているが、森監督は「8番がいいとは限らない。7番だっていいんじゃないか。9番に入れた方が(8番の)捕手にバントで送らせればいいし」と冗談も交えて、松坂の打力を生かす打順を思案していた。



IMG_1640_1-550x495.jpg
コメント(0) 

森監督・・・・・頑張って優勝してよ・・・・


中日のドラ1鈴木博が91球の投げ込み 森監督「順調に来ている」


2/5(月) 19:18配信

ベースボールキング


ブルペンで投球練習を行ったドラフト1位右腕の鈴木博志


新加入・大野奨のキャッチングにほれぼれ

 中日のドラフト1位・鈴木博志投手(ヤマハ)が5日、今キャンプ4度目となるブルペンで、91球の投げ込みを行った。

 過去3度は50球前後の球数だったが、この日は自らの意思で今キャンプ最多の91球。打席に大島洋平らが立ち、「左バッターのインコースを意識して投げた。まだ低目のボールが弱い」と課題を挙げるも、「カットボールのコントロールでき始めてきた」と手応えも口にした。

 ボールを受けたのは、日本ハムからFA移籍した大野奨太。右腕は正妻候補筆頭のキャッチングについて「自分がボールだと思った球が(キャッチングで)ストライクに見えた」と、投げ終えたあとは捕手目線でのアドバイスも伝授された。

 中日はこの日、5日間のキャンプ第1クールが終了。総括した森監督は“目に留まった投手”として鈴木博の名前を挙げ、「素晴らしいボールを投げてくれている。順調に来ていると思う」と評価した。

 第2クールからはフリー打撃登板など、打者相手の投球が解禁。田島慎二らとの“守護神バトル”が、いよいよ本格化する。
.
BASEBALL KING




dra16101613000001-p1.jpg
コメント(0) 

順調な調整具合・・・・・期待するよ・・・


松坂2度目ブルペンで56球 稲葉監督「復活」期待


2/5(月) 13:18配信

日刊スポーツ


ブルペンで投球練習を行う中日松坂(撮影・前岡正明)


 中日松坂大輔投手(37)が沖縄・北谷キャンプ第1クール最終日の5日、2度目のブルペン投球に臨んだ。

【写真】松坂やせた!スリムな体に決意の表れ

 捕手を中腰にさせて43球を投げると、座るように依頼。左打席に京田が立った状態で、さらに13球を投げ込んだ。直球だけでなくカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ、シュートと持ち球をすべて投げ、状態の良さをうかがわせた。

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)がブルペンを視察していた。同監督は「ここ数年では状態がいいのかなと。中日に感謝の気持ちがあると思うし、気持ちが入っている気がしました。復活してほしいです、ぜひ。松坂投手はWBCでMVPも取っている。若い選手にどんどん経験を伝えてほしい」と期待した。




f-bb-tp0-180202-5129_thum630.jpg

コメント(0) 

風邪で内科に行きました・・・・・・

あまりにも、不眠が続く・・・・・・

内科に行きました・・・・・・インフルエンザABともに、陰性・・・・・・・

1週間分の薬を貰って来ました・・・・・・・

抗生物質を貰って来ました・・・・・・効くといいなぁ・・・・

あああああ・・・・しんどい・・・・





昨日の99.99も良かったよ・・・・
AAv9n2R.jpg
コメント(0) 

イチローなかなか、決まらんな・・・・・

マーリンズからFAになっているイチロー外野手(44)の代理人、ボッグス氏が21日、30球団で唯一、日本選手を獲得したことがないレッズと接触したと大リーグ公式サイトが報じた。ボッグス氏によると「6球団ほどから、また後日、連絡をくれ」といわれており、レ軍も含まれるようだ。イチローは控え選手扱いのため、各球団の戦力整備が進んだ後に獲得を検討される。日本復帰を含め移籍先の決定にはまだ時間がかかる見込みだ。



AAv2MQr.jpg
コメント(0) 

中日に計り知れない好影響・・・・・・

松坂大輔投手(37)の入団で盛り上がる中日のキャンプ地、沖縄・北谷公園野球場。5000人のファンが詰めかけたキャンプ初の土曜日の2月3日、思わぬ光景を目にした。

 室内練習場からブルペンへの移動距離は約200メートル。松坂の周りを6人の若手投手が囲んで歩いていた。松坂が動けば大勢の報道陣が、そしてサインを求めるファンが追っかける。西山球団代表は「松坂選手、ファンに万が一のことがあってはならない」と、球団広報に加えて新たに松坂専属の警備員を配置したが…。同僚も松坂のガードマンだ。

 球場正面のショップでは松坂グッズがキャンプ2日目に完売した。この手の“松坂効果”は予想できたが、記者が驚いたのは、松坂のチームに溶け込む早さだ。「すごくやりやすいです。若い子もすごく元気があって明るいというのがチームの印象ですかね」。キャンプ初日にこう話した。

 テスト入団とはいえ、日米通算164勝。“平成の怪物”と呼ばれ、一時代を築いたスター。ナインとの距離を縮めるのは、相当な時間がかかるだろう…とみていた。

 1月28日、北谷での自主トレに合流した松坂は「僕と仲良くしてください。怖がらずにどんどん話しかけてください。こちらはOKです」とあいさつ。間髪入れずに、大野雄が「ダイスケ!」と叫び、ナインは大爆笑。松坂も「そんな感じでいいよ」と笑顔で応えた。振り返れば、このやりとりで、若手との距離はグッと縮まったような気がする。

 北谷のブルペン。松坂はエース候補と期待される小笠原ら若手投手陣の投球練習をチェック。そのあとアドバイスする光景を目にする。松坂は「アドバイス? 雑談ですよ。自分も(復活への)ヒントがあるかもしれない」と内容は明かさなかった。そして、若手投手も多くは語らない。5年連続Bクラスに低迷している竜。松坂が1軍にいれば“波及効果”ははかりしれない、と確信している。(三木建次)




aba32ccc.jpg
コメント(0)