So-net無料ブログ作成

平野も凄いが・・・・・・戸塚が心配・・・

 「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

 ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(19)=木下グループ=が2回目で縦2回転横4回転の
ダブルコーク1440を2回連続で決める大技を成功させ、95・25点で2大会連続の銀メダルを
獲得した。

 “スノボ界のカリスマ”ショーン・ホワイト(31)=米国=が97・75点で06年トリノ、
10年バンクーバーに続く3度目の金メダル。日本勢では片山来夢(22)=バートン=が7位入賞。
戸塚優斗(16)=ヨネックス=は2本目のランで大転倒し、病院に搬送された。

 日本スノボ界悲願の金メダルの夢は、米国の“カリスマ”の前にかき消された。ホワイトも、平野が
決めたダブルコーク1440の連続技に成功。その後も圧巻の内容で締めくくり、3度目の頂点に立った。
ホワイトの演技を見た平野は「着地の完成度とかを含めて、彼の過去イチの滑りが出ていた。当然、
越されるなと思った」と、完敗を認めた。



平野歩夢a-728x485.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年こそ、2桁勝利を・・・・・

中日小笠原、自身最多317球投げ込み/今日の一番


2/14(水) 20:12配信

日刊スポーツ

<今日の一番>

 中日の3年目小笠原慎之介投手(20)が14日、沖縄・北谷球場のブルペンで直球のみ317球を投げ込んだ。



 200球を超えると、マウンドが深く掘れたのが気になり、横のプレートへ移動。1人になったブルペンで黙々と投げ続けた。自身最多となる投球数に「前から今日の天候が暖かいと分かっていたので、チャンスだと思った。前日(13日)がオフだったので体を休められた。今日しかないと思って投げ込んだ。悪い部分もあったけど、少しは良いところもあった。次回修正したい」とやり切った表情で話した。【中日担当 宮崎えり子】



G20160531012694200_view.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凄く興奮した・・・・1発勝負・・・・


小平、1000は銀メダル!高木美帆は銅でダブル表彰台/スピード


2/14(水) 20:13配信

サンケイスポーツ

 平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)スピードスケート女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル。1500メートル銀メダリストの高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダルで、ダブル表彰台となった。ヨリン・テルモルス(28)=オランダ=が五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。


 スプリント女王の小平が、世界一への足がかりを築いた。不利と言われるアウトからのスタート。200メートルの通過は17秒67。トップスピードに乗り、600メートルまでのラップは26秒88とこの時点ではテルモリスを上回るタイムだった。しかし、最後の1周ではカーブでバランスを崩す場面もあって、伸びきれず29秒27かかった。

 2010年バンクーバー大会から3大会連続の五輪。過去2回の個人種目では最高5位にとどまった。スタートラインに立ったときの気持ちは過去2大会とは違う。今回は世界記録保持者の風格が漂う。長い距離で手応えをつかめば、本職の短距離に自信が持てる。1500メートルでは低地リンクの自己ベストで入賞。描いた通りの展開だった。不利とされるアウトレーンからスタートしたが、今の小平には関係なかった。今大会は日本選手団の主将。18日の500メートルは国内外のレースで昨季から24連勝中。今度こそ頂点をつかんでみせる。




BBJ6TSu.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨夜は、排泄しちゃった・・・・・

暖かかったものだから・・・・久しぶり・・・

なんかAVdvd観てるとムラムラしちゃって・・・・

汚さないように、近ちゃん装着・・・・・

思いっきり気持ち良かったです・・・・

オカズはお勧めロリコン少女・・・・

排泄欲には敵わない・・・・・

本物、中田氏で逝っちゃいました・・・・合掌・・・・



91SkapsbZqL__SL1500_.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

市立豊中病院通院・・・・

今日は、天気も良く暖かかった・・・・・・

病院に行く前に墓参りに行った・・・・・

神妙に、心行を唱え・・・・祈願文も唱え・・・・

心、洗われてから、市立豊中病院に行った・・・・

明日は、年金と、失業保険が出るが、出費も多く3月15日までは金欠でピンチになる・・・・

心して、過ごそうと思う・・・・・今月は、残金700円で終了・・・・



111-2-680x511.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川上憲伸との対談・・・・松坂


松坂「1軍にいなきゃ」 右肩痛、引退…中日先輩・川上憲伸氏に語った


2/14(水) 9:01配信

デイリースポーツ



 「中日春季キャンプ」(13日、北谷)

 中日・松坂大輔投手(37)が13日、元エースの川上憲伸氏(42)と対談した。右肩痛からの苦闘に始まり、引退の覚悟、自身初となるセ・リーグなど…。北谷キャンプで最も注目を浴びる背番号「99」は、現役時代に右肩を手術するなど同じような境遇だった川上氏に、新天地で迎えるプロ20年目の思いを打ち明けた。


  ◇  ◇

 川上氏(以下、川上)「今の松坂君の投球を見ていても、去年の映像とは全然違う。真っすぐは日本復帰後、一番いいのでは」

 松坂「はい、一番いいと思います。去年までは気持ち良く投げているようで、痛くないところを探しながら投げている感じでした。肩に負担がかからないようにすると、どうしても上体の高い投げ方になってしまう。投げてる本人が一番、分かってました」

 川上「僕も右肩痛に悩まされたので、その痛くないところを探して投げるって疲れるよね」

 松坂「はい。ここかなと思うところで投げていて、大丈夫かなと思っても、そうではない。またイタチごっこみたいな感じで…。(周囲から)『ああ投げろ、こう投げろ』って言われる夢まで見るようになってました」

 川上「僕もいろいろ言われて、『君も肩が壊れたらこんなフォームになるんだよ』って言いたかったくらい。どうしても右肩付近に窮屈感が出てくるんだよね。周囲から雑音も入ってきたと思うけど…」

 松坂「僕の場合は、けがしたときにかかわらず、悪いときはそれなりにたたかれてきたというか、慣れるというか、免疫ができてましたね。いろいろ言う人に反論するつもりもなかったし。憲伸さんもそうだと思うんですけど、けがした人にしか分からない部分ってあると思います」

 川上「やっぱり引退はよぎった?」

 松坂「もちろん、ありました。(昨年4月に右肩を)痛めてからリハビリして、2カ月たっても3カ月たっても良くならなくて、いろんな病院に通って…。このまま投げられなかったら、うーんって思っていたし、何回も家族に話しましたし、ギリギリまで(引退を)悩みました。でも、夏ぐらいからちょっとリハビリがかみ合いだして、キャッチボールができるようになって10月終わりにブルペンに入れたんで、これなら続けようと。場所(チーム)はどこになるか分からなかったのですが」

 川上「やっぱり肩のことを考えると、メジャーと違って日本の野球ってベンチ前でウオーミングアップできるのはありがたい」

 松坂「それはほんと思いますね。メジャーでも夏はまだいいんですけど、春先は裏にスペースを見つけて壁当てしたり。まず新しい球場に行って探すのは、裏にキャッチボールするスペースがあるかどうかでした」

 川上「ドラゴンズというチームはどう思ってる?」

 松坂「知ってる選手も多くなくて、正直、外から見てると、もの静かで暗いイメージだったんですけど(笑)。実際、中に入ってみると、こんなに面白いキャラの子たち、いっぱいいるんだなって。ほんと明るくて、そこはビックリしました」

 川上「松坂君の場合、西武もレッドソックスもそうだし、在籍したチームは強かった。経験した部分を、今のチームに伝えようという意識は?」

 松坂「コーチの方々もいますし、でしゃばるつもりはないです。ただ正直、僕はここにずっといられるとは思わないし、この先のチームのためになるのなら、ここは変えた方がいいと思ったことは、気付いたら言うかもしれません。でも、そのためにも僕が1軍にいなきゃいけない」

 川上「それから名古屋という街はいい。僕も出身が名古屋ではないけど(笑)。近くにたくさんゴルフ場もあるし、食事もおいしいし、渋滞がない」

 松坂「それはいいですね(笑)」

 川上「セ・リーグの野球も初めてになるね。松坂君は打撃もセンスの塊だし、野手でも(安打を)2000本打てたくらい」

 松坂「いやいや、憲伸さんには負けます(笑)。ただ、投げて打席に立つって行為は野球をやってる感がありますよね。僕は交流戦や日本シリーズのときも、先発するならセの本拠地がいいって、いつも思ってました」

 川上「とにかく焦らずに頑張っていってもらいたい。松坂君が本拠地開幕の4月4日に投げると思って、チケット買っておきます。大いに期待しているし、意地を見せてほしい」

 松坂「まだそこは、ちょっと早いですね(苦笑)。でも、とにかく、今は自分自身に期待しています。たくさんの人が待っていてくれていますし、なるべく早い段階で応えたいですね」




6d8ae376578757689353c89931f5fb70.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

案外、中日のエース候補だったりして・・・・


開幕ローテ狙う中日・笠原 控えめな“大谷世代”が強打者ねじ伏せる


2/14(水) 8:32配信

スポニチアネックス



5回から登板し2イニングを無安打と好投した笠原


 【大谷ロス俺が埋める NEWスター候補生(12)】 素朴な顔からは似つかわしくないほど鋭い腕の振りで打者をねじ伏せる。12日の韓国ハンファ戦。実戦初登板となった中日・笠原は2回無安打無失点に封じた。

 「ゼロで抑えられたことが一番良かった。積極的にストライクを取りに行こうと思ってそれができた」

 同学年のエンゼルス・大谷とは対照的な野球人生を送ってきた。新潟・新津高では県大会2回戦が最高成績。甲子園で躍動する大谷や阪神・藤浪の姿を「次元が違うな」と人ごとのように見ていた。

 同じプロの舞台に立つきっかけとなったのが、恩師である新潟医療福祉大の佐藤和也監督だ。佐藤監督が新潟明訓から同大の野球部監督に就任すると聞き、野球を続ける決心を固めた。創部したばかりの野球部に1期生として入部。地道な走り込み、投げ込みで最速は135キロから147キロまでアップ。4年時には大学日本代表候補にまで成長し、プロ入りをかなえた。

 1年目の昨季はシーズン終盤、先発ローテーションに入り9月18日の巨人戦で8回無失点で初勝利。「チェンジアップが大学時代より使えるようになり、緩急を覚えた」と手応えをつかんだ。

 開幕ローテーション入りを狙い、今キャンプは「全部レベルアップ」と制球力や変化球に磨きをかけている。その一方で「僕は目立つ方でない。負けたくはないけど、ドラ1トリオ(鈴木翔、小笠原、柳)にくっついていけたら」と控えめに笑う。謙虚にひたむきに白星を積み重ねる。 (徳原 麗奈)

 =終わり=

 《番記者寸評 自信への1番の近道は“勝利”》 「同世代の女子としゃべるのが苦手」と自他ともに認めるシャイボーイ。プロ入り時に佐藤監督から「自信」と書かれた色紙を贈られたのもうなずける。その自信をつかむ一番の近道は勝利。宝刀チェンジアップを武器にどんどん白星を重ねれば、2桁勝利も遠くないはずだ。



0024920433.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感