So-net無料ブログ作成

直球は、たしかに遊び球だろうな・・・・・


京田が驚愕! 中日・松坂の“宝刀”スライダーに「尋常じゃない」「別格」


2/21(水) 18:38配信

Full-Count



フリー打撃の打撃投手として登板した中日・松坂【写真:編集部】


14スイングで2安打、ラストは会心の一発も…

 昨年セ・リーグ新人王に輝いた中日の京田陽太内野手が21日、フリー打撃の打撃投手として登板した松坂大輔と初対戦した。スライダー、カットボールで3度空振りする場面もあり「今まで見たことないスライダー。尋常じゃない。別格です」と、松坂の“伝家の宝刀”に驚きの表情を見せていた。


 昨季149安打を放ち、新人王に輝いた京田のバットが空を切った。松坂が投じた5球目。外角のボールゾーンから鋭く入ってきたスライダーに「変化球がキレっキレっでした。普通に空振りしました」と脱帽だ。左打者には“死角”となる内角低めのスライダー、カットボールに手も足も出ず、2球連続での空振りも喫し「グッと、ぐわっ、とくるスライダー。今まで見た感じではないです」と興奮気味に対戦を振り返った。

 全23球中14スイングで安打は2本。ラスト1球では139キロの真ん中直球を右中間スタンドへ放り込んだが「あれは松坂さんの優しさでしょう」と苦笑い。高校、プロ野球、メジャーと数々の伝説を作ってきた右腕との対戦に「スーパースターですから。ずっとテレビでの中で見ていたので。対戦できたことは僕の野球人生にとって貴重な経験になりました」と目を輝かせていた。
.
Full-Count編集部



20180210s00001173048000p_view.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国の若者も、日本と一緒なんだ・・・・・

平昌五輪での連日のメダルラッシュに沸く日本だが、開催国の韓国では五輪に対し、無関心な若者が多いという。

「自分たちが生きていくのに必死です。オリンピックには何も期待していません。自分たちの生活が良くなることはないですから」

 平昌五輪開催中のソウル市内を歩くと、こんな声が聞こえてきた。

 氷点下の気温の中、大学生の若者たちが暮らしの改善を求め、外に立ち続けていた。韓国社会では若者を取り巻く環境が深刻化し、テレビ局や新聞社もこぞってこの問題を取り上げるという。ソウルの大学に通う女子大生はこういう。

「オリンピックに興味がないのは、現地の寒さやネットで見れるという理由もありますが、そもそも、チケットや宿泊費に払うお金がない人が多いです」

 超競争社会の韓国で顕著なのは受験戦争だ。無事、潜り抜けて一流大学に入学しても待っているのは、さらなる競争社会である。前出の女子大生はこう危機感を募らせる。

「今は、TOEICや資格の勉強、インターンなど、就職活動前にどれだけ自分の経験を積めるかしか考えていません。韓国では、普通の生活ができることが幸せで、その生活を手に入れるためには、とにかく青春を勉強に捧げます」

 韓国の大学生らによると、大学の寮に入れるのは、延世大学など有名大学の留学生、成績優秀者ら一部だけという。

「成績が悪い学生は自分たちで生活をなんとかしなければいけません。しかし、裕福とは言えない若者が入居できる住居は限られ、コシウォン(考試院)で生活する人は一人暮らしの大学生の約30%にものぼります。日本の大学生はアパートを借りるのが普通ですが、韓国では保証金が高く、アパートの一室を借りることさえハードルは高いです」。(同前)

 コシウォンは1部屋2畳前後の小さな部屋で、元々は、大学や公務員の受験生向けであったが、現在は、地方から出てきた若者が借りることが一般化している。そのため、「家賃は6万円、長期契約ですが、今は空きがありません」(コシウォンのオーナー)という状況であった。

「コシウォンは、韓国の牢屋の半分以下の狭さと言われています。コシウォンに住んでいるということは、恥ずかしくて友人の前で言えません」(韓国の学生)。

 韓国で生活する上で、他人からの視線を意識せざるを得ないと指摘するのは、ソウル在住のノンフィクションライター、菅野朋子氏だ。

「韓国に住んでいると必ず訊かれるのは、『どこに住んでいるか』。住む地域によって他人の財力などを判断するのです」。

 こうした経歴重視の韓国社会を生きる若者に、五輪への関心を寄せる余地はない。そんな社会を加速させているのが「就職活動」である。

 菅野氏によると、韓国では若年層の失業率が深刻だという。

「就職難は悪化しており、働き口がないと言われています。そのため韓国より賃金が高い日本でアルバイトでも働いたほうがいいという人も多い。15日から韓国は旧正月で4連休でしたが、今年は帰省せずにひとりで正月を過ごす就活生が多かったようで、『独り正月』という言葉が飛びかいました。就職できなかった学生はアルバイトで生活をつないでいますが、賃金が安く、生活は苦しいようです」。

 韓国の労働者の最低賃金は、2018年1月に、時給6470ウォン(約645円)から7530ウォン(約750円)にアップしたものの、ぎりぎりの生活を強いられる。過酷な環境ゆえに若者たちが五輪に関心を持たないもの無理からぬこと。



「韓国の若者に聞くと、『今どき五輪?』という冷めた見方をしている。アイスホッケーの南北統一チームについてはその過程で物議を醸しましたが、統一チームそのものには関心はない。とにかく個人の幸せをどう実現していくかという個人主義が加速している。」(菅野氏)

 勝ち抜けど、勝ち抜けど、襲ってくる競争社会の波。韓国の若者たちには絶望感すら漂う。

「昔は、一生懸命勉強をやれば、なんとかのし上がれましたが、今はいくら頑張っても、上にいけない。努力しても無駄だという空気が蔓延している」(韓国の大学生)

 文在寅大統領誕生から9カ月。未来ある若者に希望の光を示すことはできるのだろうか (田中将介)



171104_fig_ZAGITOVA04.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凄い15歳・・・・美し過ぎる・・・・・・ザギトワ・・・

15歳ザギトワ、衝撃の世界新82.92点! 女王メドベの記録を20分後に更新


2/21(水) 14:13配信

THE ANSWER


アリーナ・ザギトワ【写真】


女子シングルSP、3人前に記録したメドベージェワの記録を抜く

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が25番手で81.61点をマーク。11日の団体戦で記録した自身の世界最高得点をわずか10日でさらに更新したが、3人後に登場した同門の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)は82.92点をマーク。わずか20分後に世界記録を更新してみせた。


 美しき女王が、また魅せた。最終組1番手で登場したメドベージェワ。冒頭は華麗なステップ、スピンを織り交ぜ、表現力豊かに演じると、後半に固めたジャンプは3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ループ、2回転アクセルとすべて成功させた。完璧な演技で滑り切り、会場から喝采が降り注いだ。表示された得点は「81.61」。自身が持つ世界最高得点を記録し、笑みがこぼれた。

 今季は11月に右足甲の骨にヒビが入る故障で2か月離脱したが、復帰2戦目となった五輪の団体戦SPで自身の記録を更新する世界歴代最高得点81.06点をマークし、個人戦に挑んでいた。11日間で2度も世界記録を更新してみせた。

 28番手で登場したザギトワも圧巻だった。メドベージェワと同様に前半は表現力で会場を惹きつけ、後半に固めた3回転ルッツ―3回転ループ、3回転フリップ、2回転アクセルと完璧な演技を見せた。滑り終えると会心の笑みがこぼれ、ガッツポーズを炸裂させた。得点はメドベージェワが20分前に出した「81.61」を上回る「82.92」。15歳の天才少女が、衝撃を与えた。

 金メダル争いはメドベージェワ、ザギトワの一騎打ちとみられているが、SPから異次元の争いを見せた。
.
THE ANSWER編集部



Alina-Zagitova-e1489451483580.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松坂は、まずまずだったんじゃないか・・・・・・


松坂 フリー打撃登板、変化球に手応え「ゲームに入っても問題ない」


2/21(水) 12:15配信

スポニチアネックス


今キャンプ初の打撃投手を務めた松坂


 中日の松坂大輔投手(37)が21日、キャンプ初の打撃投手を務めた。

 最初は右打者の福田を相手に22球。柵越えを1発許したものの、スライダーで空振りを奪うと、スタンドからは「うぉ~」と歓声が上がった。

 次打者は左打者の京田。23球を投げ、空振りは3球。最後に直球を右翼席へ運ばれたが、2人合わせ計45球で安打性の打球は5本だった。

 その後、ブルペンで19球をおかわりした松坂は「意外とまとまっていた。打者に迷惑をかけないようにストライクを入れようと思い、それができた」と大粒の汗をぬぐった。「変化球はゲームに入っても問題ない」と手応えを口にした。





20180210s00001173048000p_view.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田島も危機感を持て・・・・・・・・

「抑えやりたい!」ドラ1鈴木博から挑戦状 “タジ魔人”中日・田島の心中は?


2/21(水) 11:01配信

東スポWeb

田島は守護神の座を守ることができるか


【核心直撃】「タジ魔神」こと中日・田島慎二投手(28)は昨季、開幕から抑えを任され、セーブ王の阪神・ドリスにあと3に迫る34セーブを挙げた。そんな守護神にドラフト1位の鈴木博志投手(20=ヤマハ)が「抑えをやりたい」と“挑戦状”を叩きつけている。その心中は――。また昨季はことごとくやられたビジターの巨人戦での対策は? 直撃した。

 ――今キャンプのテーマは

 田島:全体的なレベルアップもそうですし、1年間ケガしない体をつくっていくつもりでやっています。順調にいっていると思っています。

 ――昨季はタイトルも見えた。色気も出るのでは

 田島:去年あそこまでできたから当然、そういう気持ちもあります。だけど1年間ポジションを守れて(タイトルを取ることは)できること。

 ――昨年のキャンプでは抑えでもセットアッパーでも中継ぎでも、言われたポジションを1年続けたいと言っていた

 田島:同じっちゃおかしいですけど、どこのポジションを任せられるかわからないですけど、任せられたポジションをやれるようにって気持ちはありますね。

 ――1年結果を出したのだから「抑えは俺」という気持ちじゃないの

 田島:ではないと思います。そこもまた一からというか、ちゃんとみんなの信頼を得られるようにというところ。勝負ですね。

 ――ルーキーの鈴木博が抑えに立候補している

 田島:僕は僕のことをやるだけの話なんで。何も僕が気にするところじゃない。抑えを僕が任せてもらえるかも分かんない話。そこはお互い切磋琢磨の意識でやっていけたらなと。やりたいからやれるところじゃないですし。そこは最後、監督に選んでもらえるように。

 ――昨季はビジターの巨人戦に苦しんだ(5試合ですべて抑えればセーブのつく場面でセーブなし)。あそこで普通に抑えていたらタイトルも取れた

 田島:そうですね。ハイ。今年の一番の課題だと思ってる。しっかりやり返せるようにやっていくだけです。

 ――対策は

 田島:いろいろ考えてます。でもそれはペラペラしゃべることではないので。内緒にしておきます。




d2ce9819.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米国は、本気だぞ・・・・・


米副大統領、今月初めの訪韓時に北朝鮮と会談予定 北朝鮮が中止


2/21(水) 10:12配信

ロイター


 2月20日、ペンス米副大統領は、平昌冬季五輪に合わせて今月訪韓した際に北朝鮮当局者と会談する予定だったが、北朝鮮側が会談を取り止めた。副大統領の事務所が、明らかにした。写真は9日、平昌五輪開会式を観覧する同米副大統領(中央)と北朝鮮の金与正氏(右)、金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長(左)(2018年 ロイター)


[ワシントン 20日 ロイター] - ペンス米副大統領は、平昌冬季五輪に合わせて今月訪韓した際に北朝鮮当局者と会談する予定だったが、北朝鮮側が直前に会談を取り止めた。米当局者が20日、明らかにした。


副大統領首席補佐官のニック・エイヤーズ氏は「北朝鮮はペンス副大統領が態度を軟化させることを期待して会談をちらつかせた」とした。その後、副大統領が北朝鮮の人権侵害を批判し、追加制裁を打ち出す方針を明らかにすると、「会談の意向を撤回した」という。

別の当局者も、副大統領は金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正氏や金永南・最高人民会議常任委員長と2月10日に会談する予定だったが、北朝鮮側が開始予定時刻の2時間前に中止を伝えてきたと述べ、米紙ワシントン・ポストの報道を確認した。

エイヤーズ氏は「北朝鮮の残忍な体制を五輪での写真撮影でごまかそうとする正恩氏の狙いを、トランプ政権は阻止する。北朝鮮が会談を中止したのはそのためかもしれないし、そもそも誠実な姿勢ではなかったのかもしれない」との見方を示した。

さらに「トランプ大統領は、北朝鮮が協議を望むなら、米国は揺るぎないメッセージを伝えると決めた。北朝鮮が会談を求めてくれば応じる」とし、「大統領は同時に、北朝鮮が完全非核化に同意するまで米国として立場を変えたり、交渉したりはしないということも明確にしている」と述べた。




dadd2f3b4de56cd37ff647d4a67c22ea.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週末から、球春始まる・・・・・

プロ野球オープン戦が始まります・・・・・・・

中日の話題は、何と言っても、松坂です・・・・・

本当に、投げるんでしょうか・・・・・

オリンピックも、終わりに近づき・・・・・話題は一変します・・・・・

新生ドラゴンズは、本当に強くなるでしょうか・・・・・

それが、一番の心配事です・・・・・・





頑張ってね・・・・森監督・・・
origin_1.jpg




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は、早期覚醒です・・・・・


松坂が見せた現役への執着心「ボロボロになってもやる」恩師・東尾氏に激白


2/20(火) 10:00配信

スポニチアネックス


西武時代の恩師である東尾氏(右)と自身のユニホームを手に笑顔を見せる松坂


 【東尾修氏が直撃1】中日の松坂大輔投手(37)が再起への兆しを見せている。西武時代に監督として、松坂と師弟関係を築いたスポニチ本紙評論家の東尾修氏(67)が沖縄・北谷キャンプを訪れ本人を直撃した。復活までの道のりと現状をどう自己分析しているのか。東尾氏の鋭い指摘に日米通算164勝右腕は、偽らざる心境を口にした。

 東尾 今年20年目だろ。俺は20年目で38歳の時に引退。余力を残して辞めたけどね。

 松坂 僕には余力はありません。成績を残して辞められるのは、格好いいとは思いますが、僕はボロボロになってもやります。

 東尾 ソフトバンクで3年間結果が出なかった。現役への執着心がそこまであるとは。

 松坂 引き際の美学とかは分からない。運良くドラゴンズに拾ってもらって本当に感謝している。日本がなかったら、メジャーのキャンプの招待選手に強引にでも入れてもらおうかと。それが無理なら米独立リーグ、韓国や台湾も頭の中では考えました。それもなければ、1年間、右肩のリハビリで浪人しようと考えました。

 東尾 西武に戻ってくれればなあ。(松井)稼頭央と2人で。

 松坂 それは…(苦笑い)。選手として必要とされていなかった。




IMG_1640_1-550x495.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感