So-net無料ブログ作成

今日は、寝てばかり・・・・・

夕食食べた後も寝てしまった・・・・・

夢に、あだち充の「みゆき」が出てきた・・・・・

自分でも思う、そうとうロリコンだな・・・・・

家探し、家探し・・・・・・・・

30分探したわ・・・・・・汗汗・・・エアコンまた点けたよ・・・・

これが、あだち充の最高傑作だろうな・・・・・

どっちの、みゆきも選べない若松真人・・・・・羨ましい夢だろ・・・・




00000000LPa385.jpg



000000000imgd2996461zikbzj.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小雨が・・・・・布団、取り込まなくちゃ・・・・

洗濯物も取り込んで・・・・・梅雨明けは、まだだったか・・・・・

今日は、阪急オアシスで、ケチャップと、シリアルを購入してきた・・・

弱い中日は、同じく弱い巨人に負けてるみたい・・・・


暑い時は、シリアルにミルク・・・・・

食欲ないわ・・・・

みんな、オジンやオバンは、エアコン点けない・・・・水分補給しない・・・・・

それが、平気になっちゃうみたい・・・・気をつけよう・・・・



188cbf78f360932113837bf690b46bab.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最多ファウル数63の、馬鹿ン国がなにをほざく・・・・


アジアで唯一突破の日本は「B」 米放送局の格付けで、日本を上回った唯一の国は?


6/30(土) 13:44配信

THE ANSWER


グループリーグを突破した日本代表【写真:Getty Images】


米放送局がアジアの5か国を評価

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。7月2日(日本時間3日)に決勝T1回戦でベルギーと初の8強進出をかけて激突する。日本がアジア勢としては唯一の16強進出。米放送局「FOXスポーツ」が「2018年ワールドカップのアジアチームを格付け」と題して、各国の採点記事を掲載している。

【一覧】日本のファウル数「28」は32チーム中最少、一方で最多は「63」の韓国…出場国のフェアプレーランキング

「ワールドカップの第一ラウンドが終わり、次のラウンドが始まろうとしている。グループステージ後のロシアでのアジアチームをどう格付けできるだろうか」

 同局はアジアから出場した5チームについて評価をつけている。

 最終戦で初勝利を挙げるも1勝2敗のサウジアラビアは「C-」、C組で勝ち点1に終わったオーストラリアは「C」。F組の最終戦でドイツを相手に金星を挙げた韓国には「C+」をつけ、こう寸評している。

「最悪の瞬間も最高の瞬間もあった。スウェーデンとメキシコに対し2つの紙一重の敗北を喫したことは、アジアで最も成功したワールドカップチームの0点の悪夢の危機を意味していた。ディフェンディングチャンピオンのドイツに対する忘れられない栄光の勝利が全ての見方を変えた。これは大会屈指の活躍と結果であり、世界中で報じられた」

「しかしそれは最初の2戦を愚かなミスで無駄にしたことを強調するものでもあった。ドイツを破って突破することは神秘的だっただろう。実際に起こったものは、単なる特別なことだった」

 こう表現し、ドイツ相手の大金星も1次リーグ敗退という結果には大きく影響しなかったことを伝えている。
.

「日本は自分たちにできることを示した」

 H組で1勝1敗1分けの勝ち点4で、唯一の決勝トーナメント進出を決めた日本は「B」だった。

「日本はもっとも僅差で進出を決めたが、それはあまり問題ではない。通過したもの勝ちだ。コロンビア戦の後半やセネガル戦の大半で、彼らは自分たちにできることを示した。知的なパスゲームが示され、良いスタートで信頼を増すチームとなった」

 コロンビア戦では試合開始直後の相手の退場や、ポーランドがすでに敗退が決まっていた「運の良さ」もあったと伝えている

「サムライブルーは負けたものの、イエローカードを受けた回数が少なかったことでセネガルの代わりに通過した。それは通過する理想的な方法ではなかったが、ベルギーとの決勝ラウンドの試合が始まればすぐに忘れられるだろう」

 日本以上の「B+」をつけているのがイランだった。スペイン、ポルトガルが同居する「死の組」で日本と同じ勝ち点「4」を獲得したことを高く評価していた。

 中南米、欧州以外の国では唯一ノックアウトステージに駒を進めることとなった日本。アジアの意地も背負ってベルギー戦に挑む。
.
THE ANSWER編集部




000000000000000r.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう、梅雨終わっちゃうみたいですよ・・・・

例年より、半月早い・・・・・・

明日から7月ですが、暑い暑い・・・エアコン全開ですわ・・・・

ぐっすり昼寝して、元気だして・・・・

また、バイトしなくちゃ・・・・なかなか元気出んのよ・・・・・

何故かなぁ・・・・飽き性分で困りましたわ・・・・・




640x960x05eff3f1e2195a7d419b95ad.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は、良き天気・・・・

布団干しをしよう・・・・・毎日、汗だらけだからな・・・・

今日は、ヘルパーが来て、炊事・掃除・洗濯をしてもらった・・・・

気になってるのが、布団・・・・毎朝、汗ダラダラだからな・・・・

布団をふかふかにして眠るか・・・・・

サッカーも無いし、野球は、応援せず・・・・・・

寝不足みたいで、眠い眠い・・・・・・




udJ5xBKt5DhkQomvfBJF9EE4DKJ8cFXIrln1OfAja9s.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

非国民と、罵倒されろ・・・・

2018ロシアワールドカップ(W杯)韓国代表チームが29日午後、仁川(インチョン)空港に到着した後、一部のファンから卵を投げられる場面があった。

奇誠庸(キ・ソンヨン)を除いた22人の代表選手はこの日、帰国した直後、仁川空港で解団式を開いた。
レッドカーペットの上に2列に並んだ代表チームに一部のファンは卵を投げた。選手には当たらなかったが、レッドカーペットが卵で汚れた。

一部の選手は慌てて卵が飛んできた方向に視線を向け、警護チームが速やかに制止した。孫興民(ソン・フンミン)は床を見ながらうつむいていた。

このような状態で申台龍(シン・テヨン)監督と孫興民は国民に感謝の言葉を伝える記者会見をした。
申台龍監督と孫興民は「多くの方々の歓迎を受けて感謝している」と話し始めた。孫興民はインタビュー中、終始、うつむき加減にしていた。

韓国代表は2018ロシアW杯グループリーグ1勝2敗で決勝トーナメントに進出できなかったが、第3戦で世界ランキング1位のドイツを撃破して有終の美を飾った。




nagaoP2016031900014600-ogp_0.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドーハの悲劇を覚えているか・・・・・


「ドーハの悲劇」から25年…日本が示した「ずる賢さ」


6/29(金) 21:44配信

朝日新聞デジタル


決勝トーナメント進出を決め喜ぶ日本代表の選手ら=28日、ロシア・ボルゴグラード、内田光撮影


(28日、日本0―1ポーランド サッカー・ワールドカップ)

 批判されるものではない。日本が試合の終盤に選択した、0―1での敗戦を受け入れた消極的にもみえるパス回しについてだ。

【写真】ポーランド戦の試合終盤、積極的な攻撃を控えた両チームのプレーに、早めに席を立つ人の姿もあった=関田航撮影

 最初は少し驚いた。日本が点を奪い返し、引き分ければ、他会場のセネガル―コロンビア戦の結果は関係なく、1次リーグ突破を決められたからだ。

 一方で、1点をリードされたセネガルが追いつけば、攻撃を放棄した日本は敗退に。退屈な試合、と観客のブーイングを浴びた賭けは「両刃の剣」でもあった。

 ただ、試合後の日本選手の声を聞き、やはり「あり」の一手だと確信した。ピッチ上で選手が恐れたのは、1点を奪おうと、前がかりになってポーランドの逆襲を浴びることだった。日本が2失点目を喫すると、今度はセネガルが0―1の敗戦でも勝ち上がれる。

 結果を他力に預けるリスクと、自力にこだわって自滅するリスク。てんびんにかけ、チームは前者を選択した。最も重要なのは決勝トーナメント(T)へ進む確率を上げること。MF柴崎は「何が大切か、割り切ってやった。そのために必要なプレーだった」。展開や他会場を考え、0―1で試合を締めることもまた、国際大会の戦術の一つだ。

 日本に足りないのは「ずる賢さ」――。代表を指揮した外国人監督らから、たびたび指摘されてきた。

 1993年、W杯アメリカ大会のアジア予選の最終戦で起きた「ドーハの悲劇」。勝てば初のW杯出場へ2―1とリードしながら、終了間際に追いつかれた。球をキープしたり、意図的にプレーを遅らせたり、時間を進めるしたたかさが必要だった。

 2012年。なでしこジャパンはロンドン五輪1次リーグ最終戦で、引き分けでの2位通過を狙った。その方が決勝Tで移動の負担が少なくなるとの戦略で、その通りに0―0で試合を終えた。直後は消極的だと批判された。けれども、良いコンディションを保った結果は、過去最高の銀メダル。世は賛辞を惜しまなかった。

 2018年のこの日。日本代表は、悪質な反則をしたわけでも、相手への敬意を欠いたわけでもない。着実に目的を達する、成熟した姿をみせたのだ。(藤木健)
.
朝日新聞社





hqdefaultbytdxgher.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベスト4を狙え・・・・・・・西野J・・・


イングランド敗戦に無気力試合批判 理想の?2位通過


6/29(金) 20:35配信

朝日新聞デジタル


前半、激しくボールを奪い合うベルギーのデンベレ(右)とイングランドのバーディー=AP


(28日、ベルギー1―0イングランド サッカー・ワールドカップ)

 イングランド―ベルギーの試合中、元イングランド代表FWのガリー・リネカー氏がツイッターで苦言を呈した。「奇妙な、奇妙な試合だ。フットボールで何もかかっていない試合は基本的に練習にすぎない」

【写真】前半、ボールを奪い合うベルギーのフェルマーレン(3)とイングランドのバーディー=AP

 前半は自陣でのパス回しが多く、双方の選手が勝利をめざして全身全霊を傾けていないと映ったようだ。

 イングランドは前の試合から先発を8人入れ替えた。ベルギーは実に9人。両チームとも2戦全勝で1次リーグ突破が確定していたから、主力に休養を与えたい事情は理解できる。

 ただし、そのほかに疑念を抱かせる背景があった。

 すでに他の組は1次リーグを終え、決勝トーナメント(T)の相手を把握できた。両チームがいるG組で、1位突破なら次戦は日本で、勝てば次に戦うのはブラジル―メキシコの勝者。2位通過なら次戦はコロンビアで、勝てば次はスウェーデン―スイスの勝者。W杯5度優勝の王国ブラジルは避けたいと考えても不思議はない。英メディアは「2位通過狙い」の是非で前景気をあおった。

 前半は0―0。勝ち点、得失点差、総得点はすべて並んでいた。引き分けで終われば、次の判断材料は警告・退場数に基づき計算される「フェアプレーポイント」。この時点で警告数が少ないイングランドが1位突破となる状況だった。

 無気力試合と戦略との微妙な境界線。思い出すのは2012年ロンドン五輪の騒動だ。バドミントン女子ダブルスでサーブをわざとネットに引っかけるなど、故意に負けようとした4組が失格になった。1次リーグ突破が確定し、その試合で負けた方が決勝Tで強豪や自国同士の対戦を避けられた。そうだとしても、観客や視聴者を興ざめにする行為だった。

 緊迫感の乏しい空気を破ったのは後半6分、ベルギーのヤヌザイが先制点を決めた。マルティネス監督が笑みすら浮かべないのが印象に残った。イングランドは今大会5得点のケーンを温存したまま敗れ、2位通過を受け入れた。BBCは深夜のニュースで敗戦が「故意」なのか、「英断」なのかを取り上げた。

 英ITVの実況アナウンサーはこう締めた。「この敗戦がどのような痛みを伴うのかは、次週以降に分かる」。もし、コロンビアに敗れたら、イングランドのサウスゲート監督はベルギー戦の選手起用、采配を必ず蒸し返される。(稲垣康介)
.
朝日新聞社



000000000000000000DgDz7ydWkAECIwr.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野球でも、リプレー検証や、申告敬遠が認められている・・・・

FIFA=国際サッカー連盟は、ワールドカップロシア大会で1次リーグが終わったことを受けて29日、記者会見し、
前日の試合で、日本が警告のポイントの差で決勝トーナメント進出を狙い、終盤、負けているにもかかわらず得点を奪いにいかなかったことに関して
「大会後に状況を再確認するが、ルールを変更すべき理由はないと見ている」と述べました。

ワールドカップの1次リーグの順位は、各チームの勝ち点、得失点差、ゴール数の順で決まり、複数のチームが並んだ場合は該当するチームどうしの対戦で比べ、
それでも差がつかない場合は、今大会から選手の反則や退場など警告のポイントの差で決めることになりました。

日本は、28日に行われた1次リーグ最終戦のポーランド戦で、1点負けているにもかかわらず決勝トーナメント進出を争うことになったセネガルを警告のポイントの差で上回っていたことから、残り10分近くから得点を奪いに行かず、さらなる失点を防ぐ作戦に出ました。

FIFAは、1次リーグが終わったこと受けて29日、記者会見し、海外のメディアが、日本の戦い方に批判的な声が上がっていると指摘したのに対して
「われわれは勝負を抽選で決めるのは避けたい。ピッチの上での結果をもとに勝ち進むチームを決めるべきだと信じているので、警告ポイントの基準を導入した。大会後に状況を再確認するが、ルールを変更すべき理由はないと見ている」と述べました。





0000000000000000148ca07187a2dde2c904f09d6ab50b93.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実質的婚約破談やね・・・・・

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが、弁護士資格の取得を目指して、ことし夏ごろからアメリカに渡り、現地のロースクールに通うことになりました。
眞子さまと、大学時代に同じ学年だった小室圭さんは、去年9月に婚約が内定しましたが、宮内庁はことし2月、お二人が十分な準備を行う時間的余裕がないとして、結婚に向けた行事の延期を発表しています。

小室さんは、東京都内の法律事務所で働いていますが、関係者によりますと、奨学金や事務所からの支援で、ことし夏ごろからアメリカに渡り、3年間の予定で現地の大学のロースクールに通うことになりました。

将来、国際的な商取引に関する契約書の作成などに携われるよう、ニューヨーク州での弁護士資格の取得を目指しているということです。

眞子さまと小室さんの結婚の意思は変わっていないということで、宮内庁は、お二人の結婚とそれに関わる行事は再来年になる見込みだとしていますが、具体的な日程は明らかになっていません。






20160324_5.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感