So-net無料ブログ作成

この頃、毎日・・・・同じ・・・

夕飯を食べる・・・・・

下痢気味の為・・・・・うんこをする・・・

その後、気分良く夕寝・・・・・


なかなか、ブログ更新できない・・・・






00000title-752.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘルパーさん、ご苦労様・・・・

若い兄ちゃんのヘルパーさん、ご苦労様・・・・

いつも、炊事・洗濯・掃除ありがとう・・・・・南無阿弥陀仏・・・・

それに、会話が面白い・・楽しい・・・

全然、話が噛みあわない・・・・このユーミンの曲・・・良いよね・・・・

???ユーミンって、分かりません・・・・・

何・・・この国民的アイドルのユーミン、本当に知らないの?

ジェネレーションギャップ・・・感じたな・・・・・

今日は、内干し、灯油ストーブ・・・・・ちょっと、今日は寒いかな・・・・

灯油、あと1缶ある・・・・もう、要らんわな・・・





matsutoya_yumi_best_ipod1.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自己防衛・・・・・

血中脂肪濃度を下げる為・・・・・


0000000081-U9dVrkqL._SL1500_.jpg

老化による膝関節痛を抑える為・・・・



0000000000000000000071P0NkPI7rL._SL1500_.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカの出方の行方は・・・・?

<第2回米朝首脳会談>ポンペオ氏「正恩氏、準備できていなかった」
2/28(木) 16:36配信

米国のドナルド・トランプ大統領は28日午後2時15分(以下、現地時間)、ベトナム・ハノイのJWマリオットホテルで開かれた記者会見で「金正恩(キム・ジョンウン)委員長との対話は生産的だった」と述べた。続いて、マイク・ポンペオ国務長官はしかし、「金正恩は準備できていなかった」とし「米国が望む結果を引き出せなかった」と述べた。この日の合意が決裂した理由を説明したのだ。

当初、トランプ大統領と金委員長はこの日午前中に会談場であるソフィテル・レジェンド・メトロポールホテルで拡大首脳会談を終えた後、午前11時55分から業務昼食会を持って午後2時5分に合意文に署名する予定だった。しかし、拡大首脳会談の途中でその後の日程を全面的に中止して各自宿泊先のホテルに戻った。これにより、当初午後4時に予定された記者会見は2時間ほど前倒しで開かれることになった。

ホワイトハウスは28日、予定より早く終了した2回目の米朝首脳会談に関連して「現時点ではいかなる合意にも到達できなかった」と明らかにした。





img72675683.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今週土日から、いよいよオープン戦・・・・

どれだけ、頑張れるか・・・・根尾君も必死だろう・・・

松坂の快復を早く願うものである・・・・

若き投手陣の台頭を祈ってるよ・・・・





756eb73b1c420978b621c2a871b15385_1549283714_2.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪は、朝から雨本降り・・・・・・

今日も、1日4h同作業かしらん・・・・

4h続けての作業は、しんどい・眠気が出る・・・

今日は、どうかしらん・・・・・2h毎に作業にメリハリを与えられたら、効率良いのになぁ・・・

朝の原チャリは、気を遣う・・・・今週は6日出勤か・・・しんどいなぁ・・・





5ac35bb4-s.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いでよ・・・中日・投手陣・・・・

中日・石川翔 先発の一角へ名乗り/2年目の覚醒
2/27(水) 16:03配信


ポテンシャルは若手ナンバーワンの評価の石川翔
 キャンプ第1クールを終えて、ただ一人、一軍昇格をかちとったのは、19歳の石川翔だ。ドラフト2位で入団した昨年は、4月に足首の三角骨除去手術を受けた影響もあり、一軍デビューはシーズン最終戦となる10月13日の阪神戦(ナゴヤドーム)までズレ込んだが、2対1と1点リードの8回表から登板すると、3人でピシャリ。1球も外野に運ばせなかった。

 飛躍が期待される2年目だったが、春季キャンプは二軍スタートだった。しかし、一、二軍合同で行われた2月4日の実戦登板では、チームの先輩打者が「速い」と口をそろえたストレートと、キレ味抜群のスライダーを披露してアピール。カーブ、チェンジアップ、カットボールは封印し、自信のある2球種だけで勝負した。この投球が与田剛監督の目に留まり、晴れて一軍昇格となった。

 オフの自主トレで吉見一起に弟子入りし、鍛え上げたことで下半身が安定。課題だった制球力も向上した。藤嶋健人が離脱したことで手薄になった先発の一角へ。高卒2年目右腕が、名乗りを上げる。

写真=榎本郁也
週刊ベースボール





0000000000000000000091UyS1tDKCL._SL1500_.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アルモンテの守備は、素人・・・・・・

「打撃一流も守備は素人」の評 中日・根尾にもう外野転向プラン
2/27(水) 15:06配信


打撃は一流も、守備は素人(C)共同通信社
「あの打撃を見たら、早く使いたくもなる」

 中日のチーム内ではこんな話で持ち切りだ。

 右ふくらはぎの肉離れでリハビリを続けていた中日1位の根尾昂(大阪桐蔭)が、25日から二軍本隊に合流。慎重にケガの回復に努めてきた根尾は、満を持してフルメニューに取り組み、昨26日はプロ入りして初めてスライディングを披露して、「不安はありません」と回復を強調した。

 与田監督の方針でキャンプ中は打撃に関してメスを入れていないそうだが、100%のスイングができないうちから、実力の片鱗を見せている。

「センスはバツグン。コンタクトもうまい」

■「足の使い方がうまい」

 球界のご意見番で3000安打の張本勲氏が根尾のフリー打撃を見てこう絶賛すれば、首脳陣もキャンプ序盤のマシン打撃を見た時点で高く評価していた。

 スカウト経験がある石井昭男二軍打撃コーチは「足の使い方がうまい」と、こう言った。

「スイング時に軸足となる後ろ足が折れず、うまく体重移動をして前で大きく強く振れる。野球をやっている98%の人間は実はこれがうまくできない。後ろの足を折らずに振ろうとすると、重心が後ろに残って前に押し込めないもの。ウチでは平田がこの打ち方ができている」

 森野二軍打撃コーチも、「強いライナーを打っているし、打球音がいい。体の使い方がよく、バランスがいいから体が開かない。だからフォームが崩れず、同じ形で安定して打てるのではないか。本人もいろいろ考えながらやっていることは伝わってくる」

 根尾は高校時代からヘッドの走りを重視し、体が開かないことを意識してきたという。プロの球への対応など、クリアすべき課題はあるにせよ、技術面ではすでにプロレベルに達しているという評価である。

 一方で、遊撃守備に関しては、荒木二軍守備走塁コーチの下、基本から学び直している段階。まだまだレベルアップが不可欠のようだ。中日OBの藤波行雄氏がこう言う。

「現状では(正遊撃手)京田の方が一枚も二枚も上。根尾は、前の打球に対する動きはできても、左右と後ろの動きが物足りない。キャンプ中盤の状態を聞くと、腰高で体全体を使った動きができず、送球も突っ立って投げるという。遊撃は一歩目のスタートの反応、フットワークが大事だし、半身や逆シングルで捕球する上でのハンドリング、さらに懐の広さも必要。投手の二塁牽制、盗塁時のベースカバー、併殺を取るための二遊間のコンビネーション、外野手との連係、カバリングなど習得すべきことは山ほどある。まして根尾は、遊撃守備に本格的に取り組み始めたのは高校2年の秋。『一歩目が遅れがち。細かいステップができない』と言うスカウトもいた。プロのレベルに持っていくには時間がかかると思う。まずは二軍で十分に経験を積み、一軍に入っていくのが理想でしょう」

 要するに「打撃は一流も、守備は素人」というのが現状なのである。

 とはいえ、根尾は地元出身のスター候補生。球団内には「なるべく早く一軍で使ってほしい」との声が少なくない。さる球団関係者がこう言った。

■与田監督の育成計画

「営業的にはもちろんだし、根尾ほどの素材は、1年目から一軍で多くの試合を経験させた方がいい。遊撃手として一本立ちさせるには時間がかかるが、慣れ親しんだ外野ならより早い段階でチャンスが広がる。肩が強く脚力もあるから、外野手の方が生きるかもしれない。もし中堅に固定すれば、むこう10年以上は安泰です。今は右翼に平田、中堅に大島、左翼にアルモンテがいるが、仮にアルモンテが開幕から不振が続くようなら、根尾を左翼に入れるか、肩に衰えが見え始めている大島を左翼にコンバートするのも手です」

 根尾の起用法に関して言えば、与田監督自身もさまざまなプランを描いているという。キャンプ地で取材した評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「与田監督は『野球センスは素晴らしい』とし、2年先、3年先を見据えて、根尾を育てようとしている。根尾が入団時に『遊撃一本』と宣言したこともあり、『とりあえずショートで(育てる)と考えています』と話していたが、『開幕なんて考えていない。今の段階では京田に失礼』と早期の一軍昇格には否定的。同時に『根尾は外野もできる。いろんな可能性を秘めています。(投手との)二刀流だって……先々の可能性で言えば、そういうこともなくはないかもしれない』と話していた。投手との二刀流はリップサービスでしょうが、今後の根尾の状態、チーム事情によっては外野での起用も頭にあるようです」

 まして今の中日は、「根尾人気」に頼らざるを得ない。松坂がキャンプ中にファンに腕を引っ張られて右肩を炎症。開幕は絶望的で、復帰のメドすら立っていない。営業面も考慮すれば、早いうちに一軍で、と考えるのは、仕方がない部分もある。

「二軍の試合で10試合、20試合と出場した段階で、遊撃守備にどれだけの成果と課題が出てくるか。外野転向プランが浮上する契機になるかもしれない」(放送関係者)

 遊撃か外野か、そう遠くないうちに根尾のポジションを巡る動きが表面化しそうな気配だ。





20190203-00469480-nksports-000-7-view.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日、給与明細をもらったが・・・

精査した結果、間違いはなさそうだ・・・・

収入に問題がなければ、支出を制限するしかないわ・・・・

DAZNの季節がやってきました・・・・くそー・・・・覚えていやがったか・・・・

月1890円は痛いな・・・強いDragonsを観たいのだ・・・・・



根尾は、楽しみだけどね・・・・



756eb73b1c420978b621c2a871b15385_1549283714_2.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これこそ、アメリカン・ドリーム!

元巨人マイコラス、カージナルスと4年75億円で契約延長

2/27(水) 7:13配信


 マイコラスとローレン夫人(17年12月、小林信行撮影)
 元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手(30)が4年6800万ドル(約75億円)の契約延長で合意したと、大リーグ公式サイトが26日(日本時間27日)、伝えた。今季は18年オフに結んだ2年契約の2年目のため、新しい契約は20年から23年までとなる。

【写真】マイコラスとローレン夫人の熱すぎる口づけ

 マイコラスは16年から18年まで巨人でプレーした後、カージナルスと2年1550万ドル(約17億1千万円)の契約を結び、4年ぶりにメジャーに復帰。昨季はチーム最多の200回2/3を投げて同18勝(4敗)、防御率2・83。勝率・818はリーグ1位、勝ち星はナショナルズのシャーザーと並んで同1位タイ、防御率は同4位という安定した成績でサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の投票で6位に入った。

 マイコラスは今季の開幕投手を務めることが決まっている。




91rMMo+d49L._SL1500_.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感